お別れ

なみだ雨だと思った。 長年表具のことで世話になってきた清水先生が急逝された。 久し振りに、賑わしい都会の斎場へおもむいた。 去年11月の個展のときが生前最後のお目もじになってしまった。あの時、かわいいからくり屏風をプレゼントしてくださった。 あんなにお元気だったのに・・・・・、そして、まだやりたいことがあるのだとおっしゃって…
コメント:0

続きを読むread more

生き方

まだ10代、高校生だった頃の幼友達が今日わが家に来た。 東京での用を済ませた後、名古屋に帰る途に珍しく立ち寄って数年ぶりに再会した。 今、奥方が認知になり、その世話をしながらも、仏教伝道の道を一筋に歩いている彼を改めて見つめてみた。 長いアメリカ生活、離婚、再婚と、ドラマのような人生を生きて来た彼の根底にある一本の道は、ひたすら仏…
コメント:0

続きを読むread more

donation レポート

2月に渡インの折,コロナでストップしていた奨学金の授与の再会を約束してきたベナレスのセントラルスクールの校長先生から、さっそくその報告が届いた。 謙虚で真摯なご夫妻は、自分たちの置かれた厳しい現実の中で一生懸命に教育に携わっている。すこしでも何かお役に立ちたいと思うのだ。 学校を訪問した日も、昨年学費を援助した娘さんとリモートで…
コメント:0

続きを読むread more