喜びと悲しみの交差点

夕べ亡くなったネコの夢を見た。
家の中のあちこちにいた時の姿が脳裏から離れず、つい名前を呼んで独り言をいっている。
まだ切ないのはわたしだけではない。仲良しの相棒を失った子は夕方から夜にかけて遠吠えをしながら亡くなった子を探し呼んでいる。
いつも二人でいた場所に一人で寝ている姿、私のそばから離れなくなった姿を見ていると、本当に切なさはまだ当分消えそうもない。
KIMG2774.JPGKIMG2757.JPG
昨日のおお嵐の後なのに桜はまだ元気で頑張っていた今朝の散歩のときに見たこの美しさ!
こういう自然に囲まれて生活している自分が幸せだなあとしみじみ思った。
KIMG2769.JPGKIMG2767~2.JPGKIMG2773.JPG
人生は喜びと悲しみの交差点だとおもう。
インドの歌にそのフレイズがあった。なぜかすごく記憶に強く残っている。
 「ジバン スクドゥク サンガム ヘ」(人生は喜びと悲しみのサンガム(二つの川が合流するところ、インドではそこは聖地)

この記事へのコメント